ウォレットの種類とセキュリティ

仮想通貨の売買は取引所で行いますが、その際に必要なのが、ウォレットです。

ウォレットは、自分の「仮想通貨を保管する場所」のことです。このウォレットを介して、入出金を行ったり、お店での決済に利用します。

仮想通貨を保管する場所は以下の4つです。

  • 取引所
  • ウェブウォレット
  • ソフトウェアウォレット
  • ハードウェアウォレット
スポンサーリンク
Simplicity 2_Text AD
スポンサーリンク

取引所のウォレット
(セキュリティ度: 低)

今回のコインチェックにおけるNEM流出事件のように、仮想通貨取引所のウォレットはハッキングされたり、倒産によって通貨を失うリスクがありますので、売買する時以外は、取引所にお金は置かないようにするべきです。

逆に言うと、売買する時は必ず取引所を使って保管するので、通常のパスワード管理の他に「二段階認証設定」や「秘密のパスワードの設定」等、出来得る限りのセキュリティ対策をしておきましょう。

メリット

  • 簡単にウォレットを作れる
  • 取引所内で通貨の売買・保管が完結できる
  • パソコンやスマホ等が壊れても保有通貨には影響がない
  • スマホ等から場所を選ばず利用できる

デメリット

  • ハッキングリスクがある
  • 取引所の倒産リスクがある
  • オフライン状態では通貨にアクセスできない
  • 取引所のサーバーダウン時などには通貨にアクセスできない

ウェブウォレット
(セキュリティ度: 低)

オンライン上で管理するウォレットで、「MyEtherWallet」や「Blockchain」などがあります。取引所からウォレット機能だけを切り出した感じです。

メリット

  • 簡単にウォレットを作れる
  • パソコンやスマホ等が壊れても保有通貨には影響がない
  • スマホ等から場所を選ばず利用できる

デメリット

  • ハッキングリスクがある
  • サービス運営会社の倒産リスクがある
  • フィッシング詐欺等のリスクが高い
  • オフライン状態では通貨にアクセスできない
  • サービスダウン時などには通貨にアクセスできない

ソフトウェアウォレット
(セキュリティ度: 中)

自分のパソコンやスマホ等、ローカル環境で利用するウォレットです。IDや秘密鍵(パスワード)を第三者のサーバーに送らないため、ハッキングや倒産等、外部環境に依存するリスクを低減できます。

メリット

  • 簡単にウォレットを作れる
  • 取引所等がハッキングされても影響を受けない
  • 取引所等が倒産しても影響を受けない
  • オフライン環境下でも通貨にアクセスできる

デメリット

  • パソコン等が故障するとウォレットにもアクセスできなくなる
  • ハッキング、ウイルス感染等で通貨を消失するリスクがある
  • 初回起動に数十時間かかる場合がある(完全版)
  • ソフトウェアの容量が大きい(完全版)
  • ソフトウェアをインストールしたデバイスでしか利用できない

ハードウェアウォレット
(セキュリティ度: 高)

USBでPCに接続してブラウザからウォレットを利用できます。

PCがウイルス感染してもデバイスと暗証番号が揃わない限り送金することができなかったり、オフラインでの管理なのでハッキングに強かったりと、最も高いセキュリティを誇ります。

紛失や故障をしても、パスフレーズを残しておくことで復元可能です。

人気のハードウェアウォレットは、TREZOR(トレザー)やLedger Nano(レジャー・ナノ)、KeepKey(キープキー)等があります。

メリット

  • 取引所等がハッキングされても影響を受けない
  • 取引所等が倒産しても影響を受けない
  • ウィルス感染にも強い
  • オフライン環境下でも通貨にアクセスできる

デメリット

  • 購入費用がかかる
  • リカバリーやアップデート等の管理が必要
  • 対応する通貨が少ない
  • PoSマイニングには対応していない

通貨の管理は自己責任で!

色々と見てきましたが、それぞれにメリット・デメリットがあることがわかったと思います。

各ウォレットの特徴を理解した上で、一番自分の目的に合った方法を選びましょう。

自己責任で!

スポンサーリンク
Simplicity 2_Text AD
Simplicity 2_Text AD

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする