Cardano(ADA)をわかりやすく解説!ADAの将来性・買い方

スポンサーリンク
Simplicity 2_Text AD
スポンサーリンク

数多くの”億り人”を生み出した仮想通貨

ADAコインは、Cardano(カルダノ)というオープンソースの分散型プラットフォームで使われる通貨です。

2017年1月にプレセールが終了し、Bittrexで2017年9月末に公開予定でしたが、少し遅れて10月2日から売買が開始されました。

日本でもプレセールが行われ、1期プレセールで1ADA=0.20セント、2期で1ADA=0.22セント、3期で1ADA=0.24セント、4期で1ADA=0.26セントで販売されました。

日本円にすると0.3円ぐらいになります。

コインの発行量も非常に多かったのですが、プレセールは好調だったようです。

2017年11月29日にはBittrexでETH建てでのADAコインが取引可能になったり、12月1日に中国の大手仮想通貨取引所Binanceに上場。

さらに、12月4日にCoinnest(コインネスト)への上場を発表し、2017年末には価格が暴騰し、数多くの「億り人」が生まれました。

天才数学者が開発に関与

CardanoプロジェクトのADAコインがプレセール段階から人気だった理由としては、チャールズ・ホスキンソンが開発に携わったことが挙げられます。

フィンテック業界を変える大物との評判が高く、時価総額が第2位のイーサリアムや、トップ20位圏内のBitShares(ビットシェアーズ)といった仮想通貨の開発に携わった「仮想通貨の第一人者」であり、天才数学者でもあります。

この人物がプロジェクトに関わったことで、「ADAコインは詐欺」といううわさも飛び交いましたが、2017年10月に、海外の取引所のBittrexでADAコインの取引が始まったことで、詐欺という風評は払拭されました。

ダイダロスウォレットとPoSアルゴリズム

ADAコインの保管にはダイダロスウォレットが使われます。これは、ADAコインのウォレットページからダウンロードできます。

また、Cardanoのプラットフォームで「ウロボロス」と呼ばれる独自PoS(Proof of Stake、プルーフ・オブ・ステーク)アルゴリズムが使用されています。

トップクラスの発行枚数

当初、ADAコインは630億ADAが発行上限枚数になる予定でしたが、上限枚数は450億円に減少したようです。

それでも、発行枚数はトップクラスに多いといえます。

450億ADAのうち、市場に流通するのは約320億ADAです。

そのさがくである約130億ADAが、マイニング料の支払いに使われています。

日本のATMにも対応予定

ADAコインは日本のATMでも取り扱いが開始される予定です。まず5ヶ所のATMから開始され、1年以内に25ヶ所のATMでの取り扱いを目指しています。

Cardano(ADA)はどこで買えるの?

Cardano(ADA)は、海外取引所のみで売買可能で、Binanceで買うことができます。

Zaif(国内取引所)と、Binance(海外取引所)を活用することで、お得に安くCardano(ADA)を買うことができます。

手数料の安いZaifで日本円からイーサリアムやビットコインを安く購入し、Binanceのアカウントに送金してCardano(ADA)を購入しましょう。

ZaifBinanceの取引所にアカウントを持っていれば、手数料を最小限に抑え、主要な仮想通貨はもちろん、その他多くの種類の仮想通貨が取引できるため、一番賢く&スマートな取引ができるようになるのです。

最低限、この2つの取引所のアカウントは絶対に開設しておきましょう。

Zaif: 格安手数料!積立も対応!

・運営会社名:テックビューロ株式会社
・住所:大阪府大阪市西区西本町1-4-1オリックス本町ビル4F
・設立:2014年6月
・資本金:8億3,013万円(資本準備金含む)

<Zaifの特徴>

手数料が安い!

何と言っても、Zaifの魅力は手数料の安さです(参考:手数料一覧 – Zaif Exchange)。

ビットコインの手数料は国内最安の0%です。

また、同じく国内大手の取引所であるbitFlyerとCoincheckの場合、ビットコイン以外の通貨(アルトコイン)の購入は、数%の販売手数料が価格に上乗せされる「販売所形式」が採用されています。

一方、Zaifは「売り板/買い板」でユーザー間での売買を行う「取引所形式」を採用しており、購入価格に高い販売手数料が上乗せされません。

ビットコイン以外のアルトコイン(イーサリアム、NEMなど)含めて、全ての取り扱い通貨を安く購入できます。

お得に仮想通貨を購入したいのであれば、Zaifを利用しましょう。

積立投資にも対応(Zaifコイン積立)!

仮想通貨は価格の変動が激しいので、中長期投資的な視点を持って、ドルコスト平均法で毎月一定額を積み立てで購入していくのが一番堅実なやり方です。

ちなみに、僕もこの仕組みを使って、毎月一定額のイーサリアムを積み立てています。

今後大注目のトークンの売買市場が用意!

昨今の仮想通貨ブームで、数多くのトークンが発行されており、今後トークン売買も活況を帯びてくることは間違いありません。

トークンの売買市場がある国内取引所はZaifのみです。

国内でNEMを取り扱う貴重な取引所!

coincheck問題で有名になったNEMですが、あの事件は取引所の管理体制の問題であって、決してNEMという通貨自体に非があったわけではありません。

NEMは将来有望な仮想通貨の一つであり、投資対象としても非常に可能性の高い通貨です。

国内でNEMの売買ができる貴重な取引所は、Zaifとcoincheckのみです。

万全のセキュリティ対策!

セキュリティリスクを最小限に抑えるため、Zaifの運営会社であるテックビューロはセキュリティへの取り組みに力を入れています。

・預かっている仮想通貨の社内管理強化
・ユーザー情報・バックアップデータの管理徹底
・取引所システムインフラの堅牢性強化
・ユーザーからの預かり金と経営資金の分離
・開発チームへの人材投入によるリスク管理の強化
・ベンチャーキャピタルからの資金調達により経営資金を確保

【Zaifでアカウントを開設する】

Binance: 圧倒的な品揃え!

・運営会社名:Binance社
・拠点:香港
・設立:2017年7月

<Binanceの特徴>

世界最大の仮想通貨取引所!

2017年7月にオープンしてわずか半年で世界最大の取引所になっています。

取り扱い通貨の種類が多い!

Binanceでは取り扱い通貨が毎週のように増えており、その品揃えは圧倒的にNo.1です!

将来、何百倍、何千倍にもなる可能性のある超超マイナーな仮想通貨がゴロゴロ転がっており、Binanceでそんな「金の卵」に投資すれば一攫千金もグッと現実味を帯びてきます。

手数料が格安!

取り扱い手数料は、世界基準でも一番安いレベルの0.1%!さらに、Binanceが発行している独自トークンであるBNBを利用することで、取引手数料が半額の0.05%になります!

ハードフォークコインへの対応が早い!

Binanceは、ビットコインのハードフォークコインを全てサポートすると公式に明言しています。

ハードフォークは対象の通貨を持っているだけで新しい通貨をタダで貰えるので、Binanceを使わない手はありません。

新規アカウント登録時の本人確認不要!

Binanceでは、本人確認書類の提出がなくても24時間あたり2BTCまでの出金が可能です。仮想通貨を持っている人であれば、たった2~3分の新規登録をするだけで、すぐにBinanceで取引ができてしまうというスピード感。

これは革命に近いものがあります。

【Binanceでアカウントを開設する】

スポンサーリンク
Simplicity 2_Text AD
Simplicity 2_Text AD

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする