イーサリアム(ETH)をわかりやすく解説!ETHの将来性・買い方

スポンサーリンク
Simplicity 2_Text AD
スポンサーリンク

時価総額第2位の仮想通貨

1,400種類以上もある仮想通貨の中で、時価総額がビットコインに次いで第2位となっているイーサリアム(Ethereum)。

イーサリアムもビットコイン同様ブロックチェーンの暗号技術を利用していますが、ビットコインよりもさらに機能を拡張させているのが特徴です。

契約内容までを管理する「スマートコントラクト」

ビットコインとイーサリアムの違いはいくつかありますが、大きな違いとしては「スマートコントラクト」という技術を利用している点です。

スマートコントラクトには、取引で行われる契約を自動的に実行・保存するという機能があります。

スマートコントラクトを使うと、誰にいつ送金するといった契約内容が自動的に実行されるのです。契約が実行されると、その内容はネットワーク上に保存されます。

ビットコインはブロックチェーン上で全ての取引記録を管理していますが、イーサリアムは取引を行うと同時に、契約内容まで管理することができるというわけです。

何でもできるプログラミング「チューリング完全」

イーサリアムは、「チューリング完全」というプログラミングで応用が可能なプラットフォームを目指しています。

チューリング完全とは、簡単に説明してしまえば、何でもできるプログラミング。

応用が限定されているビットコインとは逆の性質を持っているのが特徴です。そのため、イーサリアムは「世界のコンピューター」と比喩されることもあります。

仮想子猫で人気爆発

イーサリアムのアプリで「仮想子猫(CryptoKitties、クリプトキティーズ)」と称される猫のイラストを集めるゲームが人気です。

実際にお金で取引できて、1,000万円以上の値をつけた仮想子猫もいます。「仮想ゲノム」と呼ばれる遺伝子情報としてイーサリアム上でプログラムされ、40億種類の猫を育成できます。

2017年11月28日の立ち上げ以来、イーサリアム上で2番目に人気のアプリで、同ネットワーク上の4%の取引量を占めています。

爆発的に普及する可能性のあるインフラ

アプリケーションプラットフォームであるイーサリアム。

2018年以降は、イーサリアムをプラットフォームとしたアプリケーションが数多く出てくることが予想され、インフラとして今後爆発的に普及していく可能性を秘めています。

イーサリアムはPoS(Proof of Stake)へのハードフォークを控えており、ハードフォークが確定すれば、イーサリアムの価格が高騰することになるでしょう。

また、イギリスのLuxDecoという会社がイーサリアム建ての社債を発行するなど、イーサリアムの金融商品(デリバティブ)化は今後ますます増えていくと思います。

一方で、使う人が増えれば増えるほど、送金遅延などの問題が顕在化してきますので、スケーラビリティの課題を解決していく必要はあるでしょう。

いずれにしても、イーサリアムは、ビットコインから時価総額1位の座を奪ってもおかしくないほどの可能性を秘めた、長期で投資するに値する仮想通貨といえます。

イーサリアム(ETH)はどこで買えるの?

イーサリアムはほとんどの国内取引所で取り扱いをしていますが、日本円から購入するなら、手数料が安いZaifが断然おススメです。

(コインチェックやbitFlyerはスプレッド幅が大きく手数料が非常に高いため、おすすめしません。)

Zaif: 格安手数料!積立にも対応!


・運営会社名:テックビューロ株式会社
・住所:大阪府大阪市西区西本町1-4-1オリックス本町ビル4F
・設立:2014年6月
・資本金:8億3,013万円(資本準備金含む)

<Zaifの特徴>

手数料が安い!

何と言っても、Zaifの魅力は手数料の安さです(参考:手数料一覧 – Zaif Exchange)。

ビットコインの手数料は国内最安の0%です。

また、同じく国内大手の取引所であるbitFlyerとCoincheckの場合、ビットコイン以外の通貨(アルトコイン)の購入は、数%の販売手数料が価格に上乗せされる「販売所形式」が採用されています。

一方、Zaifは「売り板/買い板」でユーザー間での売買を行う「取引所形式」を採用しており、購入価格に高い販売手数料が上乗せされません。

ビットコイン以外のアルトコイン(イーサリアム、NEMなど)含めて、全ての取り扱い通貨を安く購入できます。

お得に仮想通貨を購入したいのであれば、Zaifを利用しましょう。

積立投資にも対応(Zaifコイン積立)!

仮想通貨は価格の変動が激しいので、中長期投資的な視点を持って、ドルコスト平均法で毎月一定額を積み立てで購入していくのが一番堅実なやり方です。

ちなみに、僕もこの仕組みを使って、毎月一定額のイーサリアムを積み立てています。

今後大注目のトークンの売買市場が用意!

昨今の仮想通貨ブームで、数多くのトークンが発行されており、今後トークン売買も活況を帯びてくることは間違いありません。

トークンの売買市場がある国内取引所はZaifのみです。

国内でNEMを取り扱う貴重な取引所!

coincheck問題で有名になったNEMですが、あの事件は取引所の管理体制の問題であって、決してNEMという通貨自体に非があったわけではありません。

NEMは将来有望な仮想通貨の一つであり、投資対象としても非常に可能性の高い通貨です。

国内でNEMの売買ができる貴重な取引所は、Zaifとcoincheckのみです。

万全のセキュリティ対策!

セキュリティリスクを最小限に抑えるため、Zaifの運営会社であるテックビューロはセキュリティへの取り組みに力を入れています。

・預かっている仮想通貨の社内管理強化
・ユーザー情報・バックアップデータの管理徹底
・取引所システムインフラの堅牢性強化
・ユーザーからの預かり金と経営資金の分離
・開発チームへの人材投入によるリスク管理の強化
・ベンチャーキャピタルからの資金調達により経営資金を確保

Zaifでアカウントを開設する

スポンサーリンク
Simplicity 2_Text AD
Simplicity 2_Text AD

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする