ICO投資で一攫千金を狙う

スポンサーリンク
Simplicity 2_Text AD
スポンサーリンク

ICOとはトークンを発行して資金を調達すること

ICOとは、「Initial Coin Offering」の略で、仮想通貨を発行して資金を調達することを目的とした次世代の資金調達方法です。トークンというチケットのような通貨を発行して資金調達を行います。

企業による株式の発行に近いイメージですが、株式のように優待や議決権などはありません。ICOを行うのは、基本的には新規サービスの開発や提供を考えているベンチャー企業や集団です。

株のIPOと同じように、一旦コインが上場するとコインの価値が高騰する場合が多く、この一攫千金の夢を求めて、多くの投資家が未上場の有望な仮想通貨のICOに群がっています。

トークンってなに?

投資家はビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨で、新規に発行されるトークンを購入します。トークンのイメージは、サービスの引換券やトレーディングカードに近いです。

対象のトークンが取引所に上場されると、仮想通貨と同等のものになります。

国内でも有名なもととしては、日本で初のICOとなったCOMSAの運営母体テックビューロ社の発行するZaifトークンや、XCPトークンなどがあります。

Zaifトークンは国内取引所Zaifでしか売買することができませんが、将来性のあるものとして期待を向ける人が少なくありませんん。

またXCPトークンを使うことで、自分だけの仮想通貨を発行することができます。XCPトークンも日本ではZaif取引所でしか売買できません。

本格的な広がりをみせるICO

ICOは従来の資本市場の枠組みにとらわれない資金の調達手段として注目されています。

背景にはブロックチェーン技術を基盤としたビットコインなどへの信頼や、仮想通貨全般に対する今後の可能性が期待されていることもあり、一時期はICOなら何でも値上がりすると言われるほど、新規トークンの価格が爆発的な値上がりを見せました。

このように一気に注目を集めたICOですが、詐欺まがいのICOの存在や新規案件の乱立などによって、現在は少々落ち着いてきています。

コインの成長性はホワイトペーパーで見極めよう

新規トークンとは何か、ICOがどういうものか理解してもほとんどの人はどのようにICO投資を行えばいいのかわからないかもしれません。

ICO投資には、まずホワイトペーパーの理解が必要です。

ホワイトペーパーとは、ICOを実行する企業なり組織なりが資金調達のために公開している報告書のようなもので、資金が集まったらどんな具体的な開発を行うのか、それが社会にどう役立つかなどが書かれています。

創業した企業が融資を依頼するため銀行に事業計画書を提出することがありますが、イメージとしてはそれに近いと言えます。

セミナーへの参加もおすすめ

自分で調べるより誰かに聞いた方が話が早い、っていう方々のために各地でセミナーが開催されています。

ただし、参加者が初心者であることをいいことに、ICOの具体的な説明もないままに無価値なICOコインを売りつける詐欺まがいセミナーも少なくありません。

セミナーに参加する場合は、主催者などをしっかりと下調べした上で参加するようにしましょう。

ICOでグローバルな資金調達が可能に

銀行からの有志や株式発行とは異なる資金の集め方

ICOはIPOに近いと前述しましたが、IPOが基本的に上場企業に限られているのに比べて、ICOは企業だけでなく開発者チームや、それこそ個人でも新規トークンを発行して購入者を募ることができます。

また、証券会社や証券取引所の審査を受けることもないので、準備期間もIPOに比べて短期間で済みます。

インターネットを通じて世界中から資金を調達することが可能ですが、クラウドファンディングと異なる点は、トークンの値上がりを期待する投資家の参入があることでしょう。

ICO投資のギャンブル要素

新規トークンに価値があるとみなされると取引所に上場されて売買が可能になりますが、その時点で改正資金決済法上の仮想通貨となります。

そのため、取引所に上場されない場合は、仮想通貨としての価値はありません。しかし、一度ICOに投資した資金は基本的には手元に戻ることがないため、取引所に上場されて価値が出るのを待つことになります。

プロジェクトがそのままポシャるか、急激に価値が上昇するのかは予測が難しく、ギャンブル的な側面もあることをしっかりと理解しておきましょう。

スポンサーリンク
Simplicity 2_Text AD
Simplicity 2_Text AD

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする