2018年末、ビットコイン価格は275万円になる!?

スポンサーリンク
Simplicity 2_Text AD
スポンサーリンク

ビットコイン価格とマイニングコストとの深い関係

アメリカの投資調査会社であるFundstrat Global AdvisorsのTom Lee氏(共同創業者)が、2018年末にビットコインの価格は再び1BTC=200万円の大台を突破し25,000ドル(約275万円)になる、という強気の予測をしています。

この予測の根拠となっているのがビットコインのマイニングコストです。

実はこれまでビットコインは、マイニングコストの2.5倍の価格で取引をされてきたのだそうです。

現在のビットコインのマイニングコストは7,000ドル(約77万円)で、この先、マイニングの難易度が増していき、2018年末には9,000ドル(約99万円)まで上昇するとのこと。

このマイニングコスト9,000ドルをベースにビットコインの価格を計算すると、22,500ドル(約248万円)という数字が出てくるわけで、ビットコイン価格が再び200万円の大台を突破することは疑いの余地が無いとしています。

このビットコインの取引価格とマイニングコストとの関係性が事実なのであれば、現在のビットコイン価格(約70万円前後で推移)は非常に割安と言えるのではないかと思います。

ビットコインを買うなら、取引するだけで手数料がもらえるZaifがおススメです。 

他社より圧倒的に安い手数料!
何と言ってもこれがポイントです。bitFlyerやコインチェックなどは、販売所を経由して購入するので、その分手数料がかかります。

一方、「売り板/買い板」形式を採用しているZaifは、他の取引所と比較して手数料が圧倒的に安く、ビットコインの手数料はなんと0.01%!

取引すると逆に手数料がもらえるという前代未聞のサービスです。

積立投資にも対応(Zaifコイン積立)!

仮想通貨は価格の変動が激しいので、中長期投資的な視点を持って、ドルコスト平均法で毎月一定額を積み立てで購入していくのが一番堅実なやり方です。

ちなみに、僕もこの仕組みを使って、毎月一定額のイーサリアムを積み立てています。

今後大注目のトークンの売買市場が用意!

昨今の仮想通貨ブームで、数多くのトークンが発行されており、今後トークン売買も活況を帯びてくることは間違いありません。

トークンの売買市場がある国内取引所はZaifのみです。

国内でNEMを取り扱う貴重な取引所!

coincheck問題で有名になったNEMですが、あの事件は取引所の管理体制の問題であって、決してNEMという通貨自体に非があったわけではありません。

NEMは将来有望な仮想通貨の一つであり、投資対象としても非常に可能性の高い通貨です。

国内でNEMの売買ができる貴重な取引所は、Zaifとcoincheckのみです。

万全のセキュリティ対策!

セキュリティリスクを最小限に抑えるため、Zaifの運営会社であるテックビューロはセキュリティへの取り組みに力を入れています。

・預かっている仮想通貨の社内管理強化
・ユーザー情報・バックアップデータの管理徹底
・取引所システムインフラの堅牢性強化
・ユーザーからの預かり金と経営資金の分離
・開発チームへの人材投入によるリスク管理の強化
・ベンチャーキャピタルからの資金調達により経営資金を確保

【Zaifでアカウントを開設する】

スポンサーリンク
Simplicity 2_Text AD
Simplicity 2_Text AD

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする