Google共同創設者セルゲイ・ブリンがイーサリアムに大注目!

スポンサーリンク
Simplicity 2_Text AD
スポンサーリンク

ブロックチェーンサミットでイーサリアムをベタ褒め!

Googleの共同創設者であるAlphabet Inc.代表のセルゲイ・ブリン(Sergey Brin)氏が、モロッコで開催中のブロックチェーンサミットのパネルディスカッションに登壇し、10歳の息子と一緒に、イーサリアムのマイニングをしていることを明らかにしたそうです。

実はセルゲイ氏は仮想通貨の熱狂的な支持者として知られていますが、この発言が注目を浴びた背景には、現在Googleが打ち出している仮想通貨関連広告の禁止方針があります。

またセルゲイ氏は、イーサリアムに実装されている“Zero Knowledge Proofs(ゼロ知識証明)”というテクノロジーについて、「度肝を抜かれた」とベタ褒めしています。

“Zero Knowledge Proofs(ゼロ知識証明)”とは、ある人が他の人に、自分の持っている(通常、数学的な)命題が真であることを伝えるのに、真であること以外の何の知識も伝えることなく証明できるようなやりとりの手法であり、ゼロ知識対話証明(ZKIP)とも呼ばれます。

ちなみに、仮想通貨分野において、このテクノロジーを応用したものが、匿名通貨として広く知られるZcash(ジーキャッシュ)です。

Zcashは“Zero Knowledge Proofs(ゼロ知識証明)”を導入することによって、ユーザーはパブリックネットワークであっても、あらゆる個人的な情報を明らかにすることなく、通貨の取引を可能にしています。

イーサリアムはコンピューティングブームの中心

セルゲイ氏は5月に発表した投資家向けの書簡の中でも、イーサリアムは昨今の「テクノロジーのルネッサンス」を促進している「コンピューティングブーム」の流れの中で、中心的な役割を果たしている、と話しています。

「このコンピューティングブームの中でいくつかのファクターが重要な働きをしています。一つは間違いなく『ムーアの法則』がうまくいっていること、そしてもう一つの要因がコンピューティング(データ処理、情報処理)の需要拡大です。これはゲーミング分野での大幅なグラフィック向上、また驚くべきことにGPUと親和性の高い、Proof of Workというイーサリアムのような仮想通貨分野と関わりのある、アルゴリズムの発見に端を発しています。」

その他大手テクノロジー企業の動き

仮想通貨関連広告の禁止を継続するGoogleを横目に、他の大手テクノロジー企業は仮想通貨への方針を軟化させ、ブロックチェーン技術を利用した有効なユースケースを模索中です。

Facebookはこれまでの仮想通貨関連広告禁止の方針を転換し、条件つきではあるものの、仮想通貨広告を認める方針を打ち出しています。

また、2018年7月7日には、仮想通貨関連のエンジニアリング部門に新たなディレクターを任命したことも発表しており、いよいよ本腰を入れ始めています。

Amazon、IBM、Microsoftも、企業向けのブロックチェーンソリューションの提供を行っており、ブロックチェーンの技術をベースにした、アプリケーションの特許を出願しています。

この他にも国内外の大手企業が続々と仮想通貨ビジネスに参入しており、今後ますます仮想通貨は市民権を得てメジャーな存在になっていくことは、疑いの余地が無さそうです。

イーサリアムを買うならZaifが一番安い

イーサリアムは国内のほとんどの取引所で購入できますが、一番安くお得に購入できるのはZaifです。

Zaifのアカウントは必ず開設しておきましょう。

Zaif: 格安手数料!積立も対応!

・運営会社名:テックビューロ株式会社
・住所:大阪府大阪市西区西本町1-4-1オリックス本町ビル4F
・設立:2014年6月
・資本金:8億3,013万円(資本準備金含む)

<Zaifの特徴>

手数料が安い!

何と言っても、Zaifの魅力は手数料の安さです(参考:手数料一覧 – Zaif Exchange)。

ビットコインの手数料は国内最安の0%です。

また、同じく国内大手の取引所であるbitFlyerとCoincheckの場合、ビットコイン以外の通貨(アルトコイン)の購入は、数%の販売手数料が価格に上乗せされる「販売所形式」が採用されています。

一方、Zaifは「売り板/買い板」でユーザー間での売買を行う「取引所形式」を採用しており、購入価格に高い販売手数料が上乗せされません。

ビットコイン以外のアルトコイン(イーサリアム、NEMなど)含めて、全ての取り扱い通貨を安く購入できます。

お得に仮想通貨を購入したいのであれば、Zaifを利用しましょう。

積立投資にも対応(Zaifコイン積立)!

仮想通貨は価格の変動が激しいので、中長期投資的な視点を持って、ドルコスト平均法で毎月一定額を積み立てで購入していくのが一番堅実なやり方です。

ちなみに、僕もこの仕組みを使って、毎月一定額のイーサリアムを積み立てています。

今後大注目のトークンの売買市場が用意!

昨今の仮想通貨ブームで、数多くのトークンが発行されており、今後トークン売買も活況を帯びてくることは間違いありません。

トークンの売買市場がある国内取引所はZaifのみです。

国内でNEMを取り扱う貴重な取引所!

coincheck問題で有名になったNEMですが、あの事件は取引所の管理体制の問題であって、決してNEMという通貨自体に非があったわけではありません。

NEMは将来有望な仮想通貨の一つであり、投資対象としても非常に可能性の高い通貨です。

国内でNEMの売買ができる貴重な取引所は、Zaifとcoincheckのみです。

万全のセキュリティ対策!

セキュリティリスクを最小限に抑えるため、Zaifの運営会社であるテックビューロはセキュリティへの取り組みに力を入れています。

・預かっている仮想通貨の社内管理強化
・ユーザー情報・バックアップデータの管理徹底
・取引所システムインフラの堅牢性強化
・ユーザーからの預かり金と経営資金の分離
・開発チームへの人材投入によるリスク管理の強化
・ベンチャーキャピタルからの資金調達により経営資金を確保

【Zaifでアカウントを開設する】

スポンサーリンク
Simplicity 2_Text AD
Simplicity 2_Text AD

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする