大手有名企業も大注目!仮想通貨Platin(プラティン)とは?PTNコインの将来性・買い方・上場

スポンサーリンク
Simplicity 2_Text AD
スポンサーリンク

Platin(プラティン)とは、どんな仮想通貨?

Platinは、ブロックチェーンを用いた軽量でセキュアな検証可能な位置証明プロトコルで、ゲームキャラなどのデジタル資産や暗号通貨の正確な位置情報取得を可能にします。

また、Platin独自のPTNコインを搭載した暗号通貨やセキュアなドキュメントなど、あらゆるデジタル資産向けのセキュアな位置情報機能を利用して位置情報サービスの市場を分散化することで、暗号通貨を実際に見て、感じて、触ることができるようになります。

Platinは、分散化・動機付けされたセキュアなP2Pの位置情報プロトコルを世界中の企業に提供することでサービスに活かされ、既に実社会で起きているような、位置情報に関連した様々な課題の解決を目指しています。

通貨名:Platin(プラティン)
通貨略号:PTN
公式サイト:https://jp.platin.io/
ホワイトペーパー:https://www.dropbox.com/s/jtocn20ypp1v009/Platin%20Whitepaper%20JPsm.pdf?dl=0

位置情報における現状の課題

例えば、「ポケモンGo」や「Uber」など、現在、位置情報を使ったサービスは非常に多くなってきています。

ただここで問題になってくるのが、位置情報の改ざん、いわゆる「位置情報詐欺」です。

現在の位置情報は主にGPSをベースとした情報を受け取って、それぞれのサービスで活用されています。

しかし、この位置情報は、信頼された第三者によって証明・保証されたものではなく、ある意味簡単に、改ざん可能な情報となっています。

「ポケモンGo」の場合

位置情報を改ざんすると、自分が実際にその場にいなくても、レアなポケモンをゲットできてしまいます。

自宅から一歩も出ずに外を移動しているように見せかけ、位置情報を偽装し、不正にポケモンモンスターを獲得するユーザーも現れました。

「Uber」の場合

Uberのドライバーが位置情報を不正に偽装して運賃をつり上げるといったトラブルもあります。

このような、位置情報詐欺は、既に実社会で横行しているのです。

Platinは、このような現状信頼性の低い位置情報というものを、極めて信頼性の高いものにして、サービスやビジネスによりよい形で活用していくことを目的にしています。

Platin活用することで何ができるようになる?

配達の効率化

例えば、宅急便や郵便局の人が、届け先の住所に出向いたり、わざわざ電話等で本人に在宅確認を取らなくても、住居人の位置情報を共有することで不在の有無を把握することができるようになり、効率的な配達を実現できるようになったりします。

デジタルチップの配布

欧米では慣習的にチップというのがありますよね。

例えば、自宅でメイドさんを雇ってチップを払うことを考えた場合、Platinで取得した位置情報をベースにチップを配布することができます。

また同時に、そのメイドさん本人が、間違いなくその場にいたことを証明することも可能です(タイムカードの代わりみたいなものですね)。

渋滞の解消

自動運転車とPlatinの組み合わせで渋滞を解消するようなソリューションも検討されています。

各道路に戦略的にPTNコインを配置することで、自動運転車で変更後のルートを走行すると、渋滞解消に貢献したとして、PTNコイン(または市のブランドトークン)が支払われます。

位置情報の提供による報酬

自分の位置情報を第三者に売ることで、配当を得るような仕組みも検討されています。

ここに挙げたのはほんの一例であり、これら以外にも様々な革新的ユースケースが検討されています。

今後、ロードマップも更新されていきますので、引き続き注目していきましょう。

気になる提携企業は?

まだ明らかになっていませんが、既にAmazonなど、超大手有名企業の名前が多く出ています。

国内でも、大手トップ企業が導入すると言われている大注目の仮想通貨です。

今後、どんどんこのあたりの情報が出てくると思いますので、随時アップデートしたいと思います。

Platin(PTN)の購入方法

プレセール開始:2018年3月
TGE:2018年8月

TGEはおそらくCTIAのものだと思いますが、日本は規制がありますので、残念ながら国内在住の日本人は、TGE経由でPTNトークンを購入するのは難しそうです。

超有望なトークンですので、Binanceなどの超大手取引所への上場が期待できます。

まだBinanceのアカウントを開設していない場合は、早めに開設して準備しておきましょう。

Binance: 圧倒的な品揃え!

・運営会社名:Binance社
・拠点:マルタ共和国(Republic of Malta)
・設立:2017年7月

<Binanceの特徴>

世界最大の仮想通貨取引所!

2017年7月にオープンしてわずか半年で世界最大の取引所になっています。

取り扱い通貨の種類が多い!

Binanceでは取り扱い通貨が毎週のように増えており、その品揃えは圧倒的にNo.1です!

将来、何百倍、何千倍にもなる可能性のある超超マイナーな仮想通貨がゴロゴロ転がっており、Binanceでそんな「金の卵」に投資すれば一攫千金もグッと現実味を帯びてきます。

手数料が格安!

取り扱い手数料は、世界基準でも一番安いレベルの0.1%!さらに、Binanceが発行している独自トークンであるBNBを利用することで、取引手数料が半額の0.05%になります!

ハードフォークコインへの対応が早い!

Binanceは、ビットコインのハードフォークコインを全てサポートすると公式に明言しています。

ハードフォークは対象の通貨を持っているだけで新しい通貨をタダで貰えるので、Binanceを使わない手はありません。

新規アカウント登録時の本人確認不要!

Binanceでは、本人確認書類の提出がなくても24時間あたり2BTCまでの出金が可能です。仮想通貨を持っている人であれば、たった2~3分の新規登録をするだけで、すぐにBinanceで取引ができてしまうというスピード感。

これは革命に近いものがあります。

Binanceでアカウントを開設する

スポンサーリンク
Simplicity 2_Text AD
Simplicity 2_Text AD

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする